修悦体・お台場頂上決戦(2007年10月21日)

9月の実演会の余韻もさめやらぬ中、今度は修悦体が
お台場に上陸するというので、またもや東京カルチャーカルチャーに
行ってきた。
もはや常連だ。

c0046030_16572317.jpg
看板が修悦体でつくられている!
c0046030_16575567.jpg
まずは最初に佐藤さんの実演を行う。最初に作られたのは、過去に作品を披露した「新宿」と、現在絶賛展覧中の「日暮里」

その後、佐藤さんを見出した「トリオフォー」による企画が始まった。
このイベントが起こる前に、修悦体のライターを都内に7本隠したという。
それをドラゴンボールに見立て、観客がそれぞれピックアップして
7本ぜんぶ揃ったら願い事がかなう、というもの。
隠し場所のヒントはイベント前にトリオフォーのサイトにて公開されていた。

そしてこの日、なんと7本揃ったのである!

さて、ドラゴンボールが7つ揃ったところででてくるのがシェンロンだ。
そのシェンロンを描くのが、以前JR中央線のガード下に観音様を描こうとした
飯田裕之氏だ。
その時はもちろん警察に通報されて、ガード下の管理者であるJRとの
補償問題に発展したのだが、その場所がかねてから事故の絶えない
ところであり、「観音様を描こうとした」飯田氏に補償を要求するのは
どうなのかとJR内部でも意見が分かれていたらしい。
結局、自分で現状復帰させることを条件に、彼はお咎めなしとなった。

「JRを動かしたという」という佐藤さんとの共通項。
飯田氏がこのイベントに出たのは、そういう理由があったのである。

c0046030_1711259.jpg
で、「シェンロンは一瞬で出て来るモンだろう」という彼の主張により、1分で描かれたのがこの絵。良し悪しは別として、パフォーマンスとしては十分楽しめた(動画はこちら

そして、これが佐藤さんの負けず嫌いに火をつけた。
なんとガムテープでシェンロンを作るという。
c0046030_17172688.jpg
それがこちら。一見、絵のように見えるが、それだけではなく「龍」の文字をアレンジして作っているという。言われればそんな風に見えてこないだろうか

「こんな強力なシェンロンがふたつも現れたのならば、
これを産みの親に知らせなくては」。
そしてトリオフォーは愛知県にある鳥山明氏の自宅へ向かった。
詳しい住所も知らずに、しかもアポなしで。

やっとのことで探し当てたはいいが、先生は不在との事。
そこで彼らは一旦東京へ戻り、イベントの詳細を手紙に
託すことにした。

そして!

c0046030_17194948.jpg


なんと鳥山先生から励ましのお便りが(逆に)来たのだ。
あまりに収まりのよすぎる展開に、僕は不覚にも少し
感動してしまった。

コレがイマイチ伝わらなければ、それは僕の文章力が
拙かったとのことで。

  by bigfield18 | 2008-01-20 17:17 | 徘徊記

<< 紅葉の京都(2007年11月18日) サザエさん次回予告の都市伝説 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE