ごみ処理場見学ツアー(2007年10月13日)

この日は東京23区の清掃組合が主催した、
ごみ処理場見学ツアーに参加した。

c0046030_04250100.jpg
ここはごみ処理車がごみを一時溜めておく場所にごみを投入する入り口。カッコイー!
c0046030_0425988.jpg
神田川などから船で運ばれてきたごみはここに行き着く。トラックに移し替えられ、つぎの作業工程へと向かう
c0046030_0431572.jpg
ごみ処理場の秘密兵器、たたみ裁断機。コレ1機で1000万円ほどするのだとか
c0046030_0432292.jpg
燃えないごみのストックヤード。今まではそんなに臭くなかったのだが、ここだけは強烈なクレゾール臭がした
c0046030_0433143.jpg
そして最後に中央処分場へ。小学校の頃に社会科見学に来た際よりも(10ン年前)鳥の数が少ない。以前は燃えないごみはそのまま埋めていたのが、現在はさらに分別・圧縮しているのでエサが少なくなっているためだという。左にある棒は地下から発生するガスを抜くもの

ここからは大量の有害な水が出ている(一般の下水処理場では処理できないほど!)。
そのためここである程度まで中和して、下水処理場へ流しているのだとか。
この有害水は埋め立て終了から30年以上経っている若洲周辺からも流れ出て
いて、未だにその処理をしなくてはいけない。
さらに、ごみを埋め立ててできた土地はフカフカのため、大きい建物を建てられない。
よってゴルフ場や公園などでしか活用法がないという(夢の島や今のごみ処理場
は建設残土で埋め立てられた土地なので建物を建てられる)。

ちなみにもう埋め立てに使える海面上の土地は、東京都には残っていないらしい。
当面の分は千葉県から買うことになっているらしいが、
そのあと、東京のごみはどこへ行くのだろうか。
そう考えると、少し恐ろしくなった。

…などなど、興味深い話が目白押し。
やっぱ社会科見学は大人になってからするべきだな。
理解力が違う。

っつーかまだ10月分終わってないのか。
先は長いな。
[PR]

  # by bigfield18 | 2008-01-08 00:54 | 徘徊記

空堀(2007年10月6~7日)

大阪へ行く用事ついでに、大阪の下町とも言うべき
空堀を探索してきた。

大阪へ行く手段は、いまや廃止秒読みとなった、
寝台急行「銀河」だ。

c0046030_0152343.jpg
この時は人影もまばら。現在はマニア大挙で阿鼻叫喚の地獄絵図だと思うと、早いうちに乗っといてよかった
c0046030_016446.jpg
古きよき寝台が並ぶ車内。個室なんてものはない。隣人のイビキを子守唄に変えろ!

まぁ案の定よく眠れないまま地下鉄に乗って空堀へ。

c0046030_0174337.jpg
ここが一番有名なスポットかも。表通りから一段低くなっているぶん裏からだとより高層に見える
c0046030_0201080.jpg
大阪でここまで戦災を免れた家々が残っているのも珍しいらしい。銅板の壁もいい味出している
c0046030_022472.jpg
僕とは全然縁のない土地なのになぜか親近感を覚えるのは、たぶん東京の下町と通じるものがあるからだろう
c0046030_023375.jpg
銭湯の跡を利用した駐車場。ここでのポイントは、建物を極力残していること。この姿勢は評価したい(えらそう)

路地裏好きの自分としては、非常に楽しめた街歩きだった。
範囲も広くないので、ちょっと違った大阪を発見したい人にはオススメ。
[PR]

  # by bigfield18 | 2008-01-08 00:32 | 徘徊記

ピクトさんナイト(2007年09月30日)

この日はまたもや“東京カルチャーカルチャー”で行われた、
『ピクトさんナイト』に行ってきた。
「ピクトさん」とは、街中でよく目にする注意を促すための
ピクトグラムのこと。
c0046030_1446572.jpg
こういうやつ

それがどれだけ酷い目にあっているかを楽しみつつも、
僕らのために身を削ってくれているという意味で尊敬もするのが、
主催の「日本ピクトさん学会」だ。

c0046030_1447632.jpg
たとえばコレ。ピクトさんは自分の子供にも同じ試練を与え、将来のピクトさんに育てようとしている、と考えると面白い(面白くないと思う方は僕の説明が悪いと思います)
c0046030_14471896.jpg
続いてはトイレピクトを集めている「ぱんだ印」のmacoさんがお送りする「ピクトになってないピクト」。確かにこれは男女を表すピクトではない気がする
c0046030_14472655.jpg
最後はおなじみ大山顕氏がお送りする「自虐キャラ」。とんかつ屋の看板にある豚のキャラクターなどがそれだ。なかでもコレは一番あからさまなケース

しかし、どれだけカルカル好きなんだ、自分。
そして大山さん好きなんだ。
[PR]

  # by bigfield18 | 2008-01-06 14:54

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE