京都(2007年11月24日)

前々回に来たばかりなのに、1週間後にまたやってきました京都。
しかも今回は紅葉本番だ。
人出も前回とは比べモノにならないほど多い。

c0046030_21532312.jpg
まずは常寂光寺へ。どうだろうこの紅葉は!
c0046030_21535188.jpg
続いて、JRの京都キャンペーンの舞台になった大覚寺へ。なんか行ったことあると思ったら、中学の時に来た寺だった
c0046030_21533666.jpg
大覚寺ではネスカフェの試飲コーナーが設置されていた。面白いキャンペーンだ
c0046030_21534465.jpg
さらに船上でネスカフェ商品を試飲してもらおうというコーナーもあった。1時間に1回という間隔で1回20名ということだったのだが、僕が行った時はあと20分でのこり2、3名の時。これ幸いと列に並び、大沢池のクルージングとコーヒーを楽しんだ。しかし100%「和」のなかで飲むコーヒーというのも面白い
c0046030_21541484.jpg
予期せぬ幸運に喜びつつ金閣寺へ。ここはあまり紅葉していなかった
c0046030_21542584.jpg
そこから少し足を伸ばして実相院へ。ここは紅葉が床に写る姿を楽しむ「床もみじ」が有名だが、撮影は禁止。おまけに寺の売店でその写真を売っていてガッカリ。ちょっと商売っ気ありすぎじゃない?
c0046030_21543766.jpg
最後は夜景で有名な高台寺へ。人出にはゲンナリだが、紅葉は息をのむ美しさだ。竹林のライトアップも素晴らしい

いやぁ、紅葉の京都ってこんないいものだと思わなかった。
今回もチャリで巡ったのだが、これが大正解。
大渋滞する道路や人が溢れすぎて列になっているかわからないほどの
バス停などを尻目にスイスイ名所を巡れたのでした。
起伏もあまりないし、チャリは本当にオススメ。
[PR]

  # by bigfield18 | 2008-10-26 22:13 | 徘徊記

京都→熊本(2007年11月18~19日)

前回にもあるように、メジャー観光地嫌いな僕が京都に行ったのは理由があった。
それが、京都~熊本を走っていた寝台特急「なは」の乗車である。
折しも熊本へ取材へ行く機会があり、それを利用して「なは」の利用を思い立ったのだ。

c0046030_21173374.jpg
ホームには人もまばら。車体の傷も痛々しい
c0046030_21181055.jpg
僕の乗った寝台は1人用個室「ソロ」。車体の傷みに反して、内装はこぎれいだ
c0046030_21212192.jpg
「特急」の名に反して、停車駅ごとに新快速に追い抜かれるため長時間停車する。ようやく速度が出始めたころ、明石海峡大橋が見えた。車掌も明石海峡大橋の概要についてアナウンスするのが珍しい
c0046030_21244541.jpg
鳥栖駅で長崎へ向かう「あかつき」と分割。見物客は僕ともう1人だけ
c0046030_2126142.jpg
熊本に到着した「なは」

ちなみにこの日、ぜんぶの車両を見渡しても、
乗客は20人いるかいないか。
寝台列車マニアの僕でも、この列車の行く先が長くないのを
覚悟しなければならないような惨状だった。

全くの偶然だが、ちょうど僕が乗った11月18日、
新聞の1面で「なは」が2008年3月に廃止される旨が載った。

c0046030_21334463.jpg
★おまけ★
熊本で食った、レバーの馬刺し
[PR]

  # by bigfield18 | 2008-10-26 21:34

紅葉の京都(2007年11月18日)

ひっそり復活
---
紅葉を愛でようと、京都に行ってきた。
まずは京都駅近くのレンタサイクルショップ
京都サイクリングプロジェクト」にて、自転車を借りる。
一日1000円~という安さが嬉しい。

c0046030_2047131.jpg

まずは永観堂へ。敷地内にある池が美しい
c0046030_20484326.jpg

続いて詩仙堂。敷地は狭いながらも、庭園はよく手入れされている
c0046030_20543474.jpg

圓光寺。参拝者が少なくて穴場といった雰囲気。
紅葉以外にも、金色をはじめとする鮮やかな色合いで
絵が描かれているふすまなども見もの
c0046030_210214.jpg

紅葉のきれいな寺として必ず紹介される東福寺。
ものすごい人出だが、色づき方はイマイチ

総じて、まだ紅葉が浅かったせいか、あまりどの寺も
目立った混み方ではなかった。
この1週間後、またも京都に行くことになるが、それはまた別の話。
[PR]

  # by bigfield18 | 2008-10-26 21:03 | 徘徊記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE