<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

いろんなとこ行ったダイジェスト

次第に書くのが面倒になってきたので、コネタを羅列します。

c0046030_072079.jpg
横浜・赤レンガの奥にある、北朝鮮の工作船博物館(2008年1月17日)

c0046030_093414.jpg
ふつうナイト(2008年1月27日)

c0046030_0101687.jpg
落語家と行くなにわ探検クルーズ(2008年2月11日)

c0046030_0113338.jpg
うみめがね(海ほたるの資料館・2008年2月17日)

c0046030_012517.jpg
間取り図ナイト(2008年2月23日)

なんだか2ヶ月も消化しなかったなぁ。
[PR]

  by bigfield18 | 2009-07-04 00:20 | 徘徊記

大阪の水陸両用車(2008年1月14日)

やっと2008年に入った
---
水陸両用車というのが好きで、「こち亀」でボルボ西郷が代車として
乗っていたシュビムワーゲン(ドイツの軍用水陸両用車)に憧れていた。
アメリカの中古水陸両用車が60万くらいで輸入されていると聞いて、
本気で購入を考えたものだ。

さて、大阪では、水陸両用バスを使った「大阪ダックツアー」
実施され、人気を博しているのだという。
かねがね行きたいと思っていたのだが、ようやくそれを叶えることができた。
夢は叶うもんじゃない、叶えるものなんだ(特に意味はないです)。

c0046030_23434653.jpg
ホテルの車寄せで出発を待つ水陸両用バス。バランス悪そうなボディだ。後部のスクリューに注目

c0046030_23453077.jpg
さっそく出発。案内してくれるおっちゃんがいかにも関西人のノリで面白い。いわく「ここから手を振ってみてください。大阪人はノリよく振り返してくれると思うでしょ? ところが意外と人見知りするんですよ。この点に関してはまだ東京の人の方がちゃんと振り返してくれますね」

c0046030_23482620.jpg
街中をしばらく走ると公園の中に入り、遊歩道(!)を我が物顔で進む。その先に「すべり」があり、そこを通じて「入水」する。この入水というのは冗談ではなく、本当に用語としてあるのだとか

c0046030_23575946.jpg
大阪の川を周遊、元の「すべり」から再上陸する。国交省のお達しにより、水からでてから10分間は静止しなくてはいけない。この時間を使って客は記念撮影などを行う

いやあ、なかなかエキサイティングな体験だった。
豆知識もいろいろあったし。
たとえば、ドライバーは自動車免許のほかに船舶免許が必要だったり、
バス自体も車検と船検の両方必要だったりするらしいよ。

まあそんなこんなで、皆さんもぜひ体験してみてくだされ。
[PR]

  by bigfield18 | 2009-07-03 23:55 | 徘徊記

はやぶさ・あかつきお別れ乗車

2007年の年末、寝台特急あかつきのお別れ乗車をしてきた。
どうせ九州に行くならと、東京からは寝台特急はやぶさで向かったのだが、
そのはやぶさも1年後に廃止。
結果的にはやぶさのお別れも兼ねることになってしまった。

c0046030_2393279.jpg
東京駅10番線にたたずむブルーの車体。もうこの光景を見ることはできない

c0046030_23103158.jpg
下関駅に到着したはやぶさ。ここで機関車を交換する。雪がちらついていた

c0046030_23112949.jpg
終着駅・熊本に到着したはやぶさ。約17時間の旅が終わりを告げた

c0046030_2313197.jpg
熊本からはフェリーで島原にわたり、島原外港から島原鉄道で諫早に向かう。やってきたのは古い気動車だった

c0046030_2314256.jpg
諫早から長崎へ出て、浜町アーケードへ。なんとここは国道324号の一部となっているのだ。人呼んで「アーケード国道」

c0046030_2316453.jpg
長崎からは寝台特急あかつきに乗車。長崎は長距離列車の似合う駅だ

c0046030_23164973.jpg
あかつきでの宿は1人用個室「ソロ」。ご覧のとおりベッドを一部はね上げなければ入れないほどの狭さだが、窓が大きいので夜景を見ながら浸れる

c0046030_2318503.jpg
京都に到着。さよならあかつき

寝台特急好きとしてはひとつ、またひとつとなくなっていく最近の
状況はさみしく感じる。
かといって、廃止が発表される直前に乗った「なは」の惨状を思えば、
それも致し方ないことなのかもしれない。

僕にできるのは、その時が来るまで乗り続けることだけなのである。
[PR]

  by bigfield18 | 2009-07-03 23:23 | 徘徊記

地下展(2007年12月15日)

友人と、お台場にある科学未来館で開かれていた
「地下展」へ行ってきた。
東京生まれHIPHO(略)の僕だが、科学未来館に行くのは初めてだ。

c0046030_2238580.jpg
はじめに目についたのが「ノアの方舟プロジェクト」。北極圏の永久凍土に種子の保存庫をつくり、あらゆる植物の種子を保管しているという

c0046030_22405041.jpg
1970年の大阪万博の際、5000年後に開けるためのタイムカプセルが埋められた。その時に、入れられたメッセージがこれ。公募を行い、小中学生の作文3811点の中から、小学4年生が書いたこの作文が選ばれた。読むとなんだか理由もわからず切なくなってくる

c0046030_22442697.jpg
携帯電話が「ハイテク鉱山」と呼ばれているのは周知の通り。金のほかにも希少金属が多数含まれており、国際的にも争奪戦が激しくなっているのだとか

c0046030_22462319.jpg
この科学未来館、常設展もなかなか面白いものがそろう。物販コーナーも充実しており、中にはこんなものも!

僕の好きな「インフラのステージとしての地下」の展示は
あまりなかったけれども、なかなか楽しい展示だったように思う。
ひさびさに知的好奇心を刺激するような体験だった。
[PR]

  by bigfield18 | 2009-07-03 22:52 | 徘徊記

首都高山手トンネルウォーク(2007年12月8日)

もう1年半も前のことになるが、首都高中央環状線の
池袋~新宿間が開通した。
それに先駆けて行われたトンネルウォークに参加してきたときの
模様をお伝えしよう。

c0046030_2218359.jpg

僕が参加したコースは西池袋出入口から入る。まだ入口の標識が隠されている

c0046030_22181126.jpg

全線シールドマシンにて掘られたため、断面が丸くなっている。竪坑であった部分は開削工法なので四角い

c0046030_22181937.jpg

高速道路の緑色の標識と歩行者の組み合わせはなんか新鮮

c0046030_22182593.jpg

熊野町JCTは高架にある5号池袋線と接続するので、トンネルから脱出する

この山手トンネルは今年度中に新宿~渋谷間が開通し、
東名高速から中央道、東北道、湾岸線までが一本の道路で
つながることになる。
これにより、首都高で発生している渋滞のほとんどは解消される
とのことだ。

完成の暁には、今回紹介したようなトンネルウォークが開催されるかも?
[PR]

  by bigfield18 | 2009-07-03 22:28 | 徘徊記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE