<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

修悦体・お台場頂上決戦(2007年10月21日)

9月の実演会の余韻もさめやらぬ中、今度は修悦体が
お台場に上陸するというので、またもや東京カルチャーカルチャーに
行ってきた。
もはや常連だ。

c0046030_16572317.jpg
看板が修悦体でつくられている!
c0046030_16575567.jpg
まずは最初に佐藤さんの実演を行う。最初に作られたのは、過去に作品を披露した「新宿」と、現在絶賛展覧中の「日暮里」

その後、佐藤さんを見出した「トリオフォー」による企画が始まった。
このイベントが起こる前に、修悦体のライターを都内に7本隠したという。
それをドラゴンボールに見立て、観客がそれぞれピックアップして
7本ぜんぶ揃ったら願い事がかなう、というもの。
隠し場所のヒントはイベント前にトリオフォーのサイトにて公開されていた。

そしてこの日、なんと7本揃ったのである!

さて、ドラゴンボールが7つ揃ったところででてくるのがシェンロンだ。
そのシェンロンを描くのが、以前JR中央線のガード下に観音様を描こうとした
飯田裕之氏だ。
その時はもちろん警察に通報されて、ガード下の管理者であるJRとの
補償問題に発展したのだが、その場所がかねてから事故の絶えない
ところであり、「観音様を描こうとした」飯田氏に補償を要求するのは
どうなのかとJR内部でも意見が分かれていたらしい。
結局、自分で現状復帰させることを条件に、彼はお咎めなしとなった。

「JRを動かしたという」という佐藤さんとの共通項。
飯田氏がこのイベントに出たのは、そういう理由があったのである。

c0046030_1711259.jpg
で、「シェンロンは一瞬で出て来るモンだろう」という彼の主張により、1分で描かれたのがこの絵。良し悪しは別として、パフォーマンスとしては十分楽しめた(動画はこちら

そして、これが佐藤さんの負けず嫌いに火をつけた。
なんとガムテープでシェンロンを作るという。
c0046030_17172688.jpg
それがこちら。一見、絵のように見えるが、それだけではなく「龍」の文字をアレンジして作っているという。言われればそんな風に見えてこないだろうか

「こんな強力なシェンロンがふたつも現れたのならば、
これを産みの親に知らせなくては」。
そしてトリオフォーは愛知県にある鳥山明氏の自宅へ向かった。
詳しい住所も知らずに、しかもアポなしで。

やっとのことで探し当てたはいいが、先生は不在との事。
そこで彼らは一旦東京へ戻り、イベントの詳細を手紙に
託すことにした。

そして!

c0046030_17194948.jpg


なんと鳥山先生から励ましのお便りが(逆に)来たのだ。
あまりに収まりのよすぎる展開に、僕は不覚にも少し
感動してしまった。

コレがイマイチ伝わらなければ、それは僕の文章力が
拙かったとのことで。
[PR]

  by bigfield18 | 2008-01-20 17:17 | 徘徊記

サザエさん次回予告の都市伝説

んがんぐ。

コレを真似した子供が本当に喉に詰まらせ死亡。
その事が問題となり、現在のジャンケンをするバージョンに差し替えられた。

信じるか信じないかはあなた次第です!(うぜー)
[PR]

  by bigfield18 | 2008-01-10 01:25 | 日々のムダ話

みらいこくどフェア関東'07(2007年10月20日)

仕事は相変わらず忙しいけど、去年行った場所で
紹介したいところがたくさんあるのでがむばって更新していきます
---
この日は1年に2回のお楽しみ、神田川クルーズを満喫したあと、
さいたま新都心で行われた「みらいこくどフェア」に行ってみた。

駅前には土木に関係のある会社や自治体がブースを出していた。
c0046030_0353248.jpg
こんなのとか
c0046030_0354077.jpg
こんなのとか

正直、素人には何がなんだかよくわからないが、
土木好きはなんとなくワクワクするラインナップだ。

ちなみにこの写真を撮影した後に「どーもくん」が
通り過ぎていった。
あれは土木好きでなくてもワクワクする。

その後、僕らはさいたま新都心を支えるインフラの見学ツアーへ。

まずは東京ガスの子会社の施設へ。
正直あまり説明は聞いていなかったのだが、
要するに熱い湯と冷たい水を新都心じゅうに循環させ、
街全体の冷暖房システムを一本化させるための施設らしい。
なんだか大変なムダのように聞こえるが、実は効率的だとのこと。

え?
なんで説明を聞いてなかったって?
それは解説してくれたおねいさんがメチャクチャeroかったからです。
なんですかね、あのにじみ出るフェロモ(以下略)

c0046030_0392674.jpg
パイプ萌え

そのあとは共同溝の見学だ。
c0046030_044094.jpg
道端のなんでもないオブジェのようなところから入ることに参加者一同ビックリ。秘密基地的なつくりにテンションは一気に上がる
c0046030_046399.jpg
中はこんな感じ。先ほどの冷暖房システムの管も通っていた。イチから街づくりを始めるとこんなにシステマチックになるんだね

さらに国交省の庁舎も回り、このツアーは解散。
最後に、駐車場に展示されていた“はたらくくるま”を堪能した。
c0046030_0481058.jpg
この光景を見てみたい

“はたらくくるま”で思い出したけど、毎年冬の始まりに、
「除雪車フェア」なるものが開催されるらしい(開催地は年によって異なる)。
来年こそは行きたいぞ、と忘れないようにここに記しておく。
[PR]

  by bigfield18 | 2008-01-10 00:55 | 徘徊記

ごみ処理場見学ツアー(2007年10月13日)

この日は東京23区の清掃組合が主催した、
ごみ処理場見学ツアーに参加した。

c0046030_04250100.jpg
ここはごみ処理車がごみを一時溜めておく場所にごみを投入する入り口。カッコイー!
c0046030_0425988.jpg
神田川などから船で運ばれてきたごみはここに行き着く。トラックに移し替えられ、つぎの作業工程へと向かう
c0046030_0431572.jpg
ごみ処理場の秘密兵器、たたみ裁断機。コレ1機で1000万円ほどするのだとか
c0046030_0432292.jpg
燃えないごみのストックヤード。今まではそんなに臭くなかったのだが、ここだけは強烈なクレゾール臭がした
c0046030_0433143.jpg
そして最後に中央処分場へ。小学校の頃に社会科見学に来た際よりも(10ン年前)鳥の数が少ない。以前は燃えないごみはそのまま埋めていたのが、現在はさらに分別・圧縮しているのでエサが少なくなっているためだという。左にある棒は地下から発生するガスを抜くもの

ここからは大量の有害な水が出ている(一般の下水処理場では処理できないほど!)。
そのためここである程度まで中和して、下水処理場へ流しているのだとか。
この有害水は埋め立て終了から30年以上経っている若洲周辺からも流れ出て
いて、未だにその処理をしなくてはいけない。
さらに、ごみを埋め立ててできた土地はフカフカのため、大きい建物を建てられない。
よってゴルフ場や公園などでしか活用法がないという(夢の島や今のごみ処理場
は建設残土で埋め立てられた土地なので建物を建てられる)。

ちなみにもう埋め立てに使える海面上の土地は、東京都には残っていないらしい。
当面の分は千葉県から買うことになっているらしいが、
そのあと、東京のごみはどこへ行くのだろうか。
そう考えると、少し恐ろしくなった。

…などなど、興味深い話が目白押し。
やっぱ社会科見学は大人になってからするべきだな。
理解力が違う。

っつーかまだ10月分終わってないのか。
先は長いな。
[PR]

  by bigfield18 | 2008-01-08 00:54 | 徘徊記

空堀(2007年10月6~7日)

大阪へ行く用事ついでに、大阪の下町とも言うべき
空堀を探索してきた。

大阪へ行く手段は、いまや廃止秒読みとなった、
寝台急行「銀河」だ。

c0046030_0152343.jpg
この時は人影もまばら。現在はマニア大挙で阿鼻叫喚の地獄絵図だと思うと、早いうちに乗っといてよかった
c0046030_016446.jpg
古きよき寝台が並ぶ車内。個室なんてものはない。隣人のイビキを子守唄に変えろ!

まぁ案の定よく眠れないまま地下鉄に乗って空堀へ。

c0046030_0174337.jpg
ここが一番有名なスポットかも。表通りから一段低くなっているぶん裏からだとより高層に見える
c0046030_0201080.jpg
大阪でここまで戦災を免れた家々が残っているのも珍しいらしい。銅板の壁もいい味出している
c0046030_022472.jpg
僕とは全然縁のない土地なのになぜか親近感を覚えるのは、たぶん東京の下町と通じるものがあるからだろう
c0046030_023375.jpg
銭湯の跡を利用した駐車場。ここでのポイントは、建物を極力残していること。この姿勢は評価したい(えらそう)

路地裏好きの自分としては、非常に楽しめた街歩きだった。
範囲も広くないので、ちょっと違った大阪を発見したい人にはオススメ。
[PR]

  by bigfield18 | 2008-01-08 00:32 | 徘徊記

ピクトさんナイト(2007年09月30日)

この日はまたもや“東京カルチャーカルチャー”で行われた、
『ピクトさんナイト』に行ってきた。
「ピクトさん」とは、街中でよく目にする注意を促すための
ピクトグラムのこと。
c0046030_1446572.jpg
こういうやつ

それがどれだけ酷い目にあっているかを楽しみつつも、
僕らのために身を削ってくれているという意味で尊敬もするのが、
主催の「日本ピクトさん学会」だ。

c0046030_1447632.jpg
たとえばコレ。ピクトさんは自分の子供にも同じ試練を与え、将来のピクトさんに育てようとしている、と考えると面白い(面白くないと思う方は僕の説明が悪いと思います)
c0046030_14471896.jpg
続いてはトイレピクトを集めている「ぱんだ印」のmacoさんがお送りする「ピクトになってないピクト」。確かにこれは男女を表すピクトではない気がする
c0046030_14472655.jpg
最後はおなじみ大山顕氏がお送りする「自虐キャラ」。とんかつ屋の看板にある豚のキャラクターなどがそれだ。なかでもコレは一番あからさまなケース

しかし、どれだけカルカル好きなんだ、自分。
そして大山さん好きなんだ。
[PR]

  by bigfield18 | 2008-01-06 14:54

千葉港遊覧船「あすなろ号」(2007年09月29日)

工場ナイト』に参加して工場熱が高まってしまった。
そこで、工場マニア界では有名な、「遊覧船なのに
見える景色は工場ばかり」の千葉港遊覧船に乗ってきた。

c0046030_14263793.jpg
工場ばかりの風景が「THE BEST OF CHIBA」。よくわかっていらっしゃる
c0046030_14273548.jpg
千葉港にはサイロが多い。穀物くさかった
c0046030_14274346.jpg
キリン(ガントリークレーン)もこんなに間近で見られます
c0046030_1427498.jpg
溶鉱炉(?)から吐き出される大量の蒸気。まるで呼吸をしているかのようだ
c0046030_142841.jpg
遊覧船に乗った後は近隣にある千葉ポートタワーへ。工場が一望できるのに加えガラガラなので落ち着けるのがイイ感じ

いま思ったけど、外出すると雨ばっかだなぁ、俺。
[PR]

  by bigfield18 | 2008-01-06 14:33 | 徘徊記

横浜周辺クルーズ(2007年9月1日)

この日は防災の日。
地震が起きて道路が使えなくなったときのために、
船を活用して帰宅難民を救済しようという実験に参加した。

午前中は横浜港をめぐるコース。
c0046030_111109.jpg
このコースにはこんな豪華な船が充当された。僕らはほとんど甲板にいたけど
c0046030_1111980.jpg
出航してほどなく見えてきた京浜工業地帯の工場群に大興奮。もはや当初の目的は吹き飛んでしまっている。写真は東燃の化学プラント
c0046030_1112821.jpg
工場マニア界では化学プラントと人気の双璧をなす製鉄工場。ぼく船持ったら絶対ここに行くんだ

午後は屋形船を利用して、市内を流れる川の防災拠点をめぐる。
c0046030_1151375.jpg
東京の川もイイが、横浜の川もまたステキだ。写真は黄金町付近。警官がたくさんうろついていたり、「ストップ! エイズ」の看板がいたるところにあったりと、なかなかワクワクする街ではある
c0046030_1152422.jpg
川から見るみなとみらいもなかなかオツだ

最後に防災仕様の森永ミルクキャラメルを貰って解散。
天気は悪かったが、大満足の1日だった。
[PR]

  by bigfield18 | 2008-01-06 01:16

工場ざんまい(2007年08月25日)

この日は表題のとおり、1日に2回も工場と
かかわりの深いところへ行ってしまった。

まずは大井町にあるJRの工場。
c0046030_0405384.jpg
車輌が宙吊りになっているその前を、子どもを乗せたミニSLが行き交っていた。なんだかシュール
c0046030_041051.jpg
京浜東北線の車体を載せた工場専用のトレーラー。こうしてみると電車ってデカい

ひとしきり楽しんだ後、ふたたびお台場の
“東京カルチャーカルチャー”へ。
今日は写真集『工場萌え』のヒット御礼イベントがあるのだ。

c0046030_0442584.jpg
左から文担当の大山顕氏、写真担当の石井哲氏、編集の方(名前失念)。大山氏は団地マニアとして有名だが、最近はいろいろな趣味のマニアを通して、その分野を広めることに興味があるらしい
c0046030_044348.jpg
美しい写真に観客からため息がこぼれる。石井氏は工場を撮ることから写真を始めたとのこと。経験が浅いのにこんなにレベルの高い写真が撮れるのは、やはり工場に対しての「愛」があるからか

ここでは同じ編集者の立場としても興味深い話が聞けた。
たとえば、大山氏たちが反対しても、本のタイトルを“工場萌え”にしたこと。
また、そのタイトルの文字の色をピンクにしたこと。
この2点がなければ3万部のヒットは達成できなかったのではないかと。

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』に代表されるように、
本(とくに単行本)にはタイトルの妙で売れ行きが左右される。
確かに、工場に“萌える”という感情はちょっと違う気ももするが、
その響きがキャッチーであったのは疑いないだろう。
勉強になりました。

でもまぁ何が一番良かったかってのは、大山氏に
ご挨拶できたこと。
いつか一緒に仕事でき(略)
[PR]

  by bigfield18 | 2008-01-06 00:48 | 徘徊記

デイリーポータルZまつり(2007年08月19日)

この日はお台場のトークライブハウス“東京
カルチャーカルチャー
”のこけら落としイベントである
デイリーポータルZまつり』に行ってきた。
デイリーポータルZというのは、日常のどうでもいい疑問を
体当たりで解決するニフティのサイト。

c0046030_027450.jpg
ライターの工藤さんが全編にわたり好プレーを連発
c0046030_0271272.jpg
法師丸さんは母親と出演。体張ってる
c0046030_0271927.jpg
c0046030_0272689.jpg
観客に振舞われた白身魚のフライとうずらのゆで卵
c0046030_0273243.jpg
もちろんZくんも被れます

正直、詳しい内容は憶えていない。
まぁそれだけ楽しかったといことだ。

あと、ウェブマスター林雄司氏と名刺交換
できたことは大きかった。
いつか一緒に仕事やりたいなぁ。

それから、べつやくれいさんかわいかった。
これだけは言っておかないと。
[PR]

  by bigfield18 | 2008-01-06 00:34

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE