カテゴリ:リアルタイム傷心紀行( 19 )

 

リアルタイム傷心旅行・外伝

犬島での出来事。

犬島では、電話した民宿がすべて廃業してて、唯一残ってたコテージに泊まることにした。
広々とした空間を独占だ。
その日は夜行に乗ったせいか、日本×バーレーン戦を見たあと、テレビをつけて寝てしまった。
すると、夜中の2時くらいに『リング』かなんかの番組がやったらしく、「きっとくる~」で跳ね起きるハメに。

その後の心細さと言ったらない。
広い空間も考え物だ。
[PR]

  by bigfield18 | 2005-04-02 22:05 | リアルタイム傷心紀行

リアルタイム傷心旅行・最終章

東京は寒い。

大阪→名古屋と大都市を巡ったせいか、はたまた期間が短かったせいか、いつものような『戻ってきた感』や『旅が終わる寂しさ』はない。
いまあるのは、なによりリセットされた自分。
これからまた始まる日常を、精一杯頑張ってみようと思うのだ。
4月1日だしね。
[PR]

  by bigfield18 | 2005-04-01 05:12 | リアルタイム傷心紀行

リアルタイム傷心旅行・名古屋

c0046030_2313197.jpg

三重県を横断して、万博ムード溢れる名古屋へ。

…溢れてねー!
セントレアムードすらない。

ういろう買って、また『ムーンライトながら』で東京を目指します。
[PR]

  by bigfield18 | 2005-03-31 23:13 | リアルタイム傷心紀行

リアルタイム傷心旅行・加茂

なぜこんな場所にいるかと言うと、奈良経由で名古屋まで行けるルートがあるからだ。
いつも京都回りなので、たまには別ルートでもいいんじゃないかと。
何かに書いてあったが、行きと帰りは違うルートにするのがいい旅の仕方らしい。


…正直、暗くて車窓が見えないから変わんない気がするけど。
[PR]

  by bigfield18 | 2005-03-31 20:02 | リアルタイム傷心紀行

リアルタイム傷心旅行・阪堺電車

新世界の横を路面電車が走っているのを見つけ、大阪市民の暮らしぶりを覗くべく乗ってみた。
夕暮れの住宅街を駆け抜ける電車。
交錯する市民の日常と、旅という僕の非日常。
いいカンジだ。

運転士さんと話をした。
曰く;
・運転する車両は昭和3年製で、よくヘタる。道路で立ち往生したことも多々
・大阪は交通ルールが悪い。急に軌道内に入られたことも
・新世界には気をつけろ。写真を撮るとどつかれる

やっぱりヤバかったか、新世界。
[PR]

  by bigfield18 | 2005-03-31 19:11 | リアルタイム傷心紀行

リアルタイム傷心旅行・新世界

c0046030_22154851.jpg
高校の修学旅行以来、大阪の通天閣あたりがどうも気になっていたので行ってみた。

期待通りだった。
何の仕事やってるのかわからないオジサン達と、それを受け入れるモツ煮屋や怪しい店達。

…上野と一緒か?
[PR]

  by bigfield18 | 2005-03-31 16:52 | リアルタイム傷心紀行

リアルタイム傷心旅行・犬島2

c0046030_22164833.jpg
画像は犬島の特徴、精錬所の遺構
---
僕はあまり観光地でない場所を探索する場合、地元の人に会釈する。
でさえカメラをぶら下げて怪しいのだから、「安全な人間」をアピールするのだ。
結構効果ありますよ。
[PR]

  by bigfield18 | 2005-03-31 13:29 | リアルタイム傷心紀行

リアルタイム傷心旅行・犬島

やっぱり島に行ってしまいました。

それよりも、W杯予選の解説が松木じゃないだとーーーッ!
[PR]

  by bigfield18 | 2005-03-30 19:25 | リアルタイム傷心紀行

リアルタイム傷心旅行・西大寺

ケータイの電池が切れそうだ。
しかも充電器を忘れてしまったので、予備電源を買おうと電器屋を探すことにした。
折りしもここは沿線屈指の駅、西大寺。
すぐに見つかるかと思いきや…ない。
電器屋どころの騒ぎではない。
商店が見当たらないのだ。
これならさっき牛窓から寄った邑久の方がよかった…。

と思いつつ駅から15分ぐらい歩いてると、なんとダイソー発見。
ひゃっほう!
逆転サヨナラホームランを打った気分。
野球は9回ツーアウトからだね(おおげさ)。
[PR]

  by bigfield18 | 2005-03-30 16:32 | リアルタイム傷心紀行

リアルタイム傷心旅行・牛窓

c0046030_2218761.jpg
ってなわけで日本のエーゲ海と言われる牛窓にやってきた。
まぁエーゲ海っても、ヨットハーバーがあることぐらいだけど。
あとは漁港と古い集落がせせこましくまとまってる、典型的な瀬戸内の島の風景(牛窓は島じゃないけど)。
でもそれがいいんだよなぁ。
穏やかな瀬戸内海を見てると心がホッとする。
[PR]

  by bigfield18 | 2005-03-30 14:57 | リアルタイム傷心紀行

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE