カテゴリ:リアルタイム紀行・出雲篇( 10 )

 

いま長野にいます

東京の裏側はとんでもない雪になっていた。
しかも直江津~長野の列車の本数が少ない!
新井とかいう駅で1時間ほど待たされるハメに。

この区間にある妙高高原にはちょっとした思い出がある。
はじめて信越でスキーをしたのがこの地だったのだ。
それまで上越でしかやったことがなかった僕は、雪質の違いに驚かされた。
パウダースノーってのはこういうことを言うのか!? と。
まぁ上越もいい所はいいんだろうけど、幼心にはそのギャップが鮮烈に映ったのだった。
---
ってなわけで今回の旅はここまで。
最終の新幹線で東京へと戻ります。
[PR]

  by bigfield18 | 2006-01-02 21:40 | リアルタイム紀行・出雲篇

いま金沢にいます

あのあと大阪まで出たのだが、そのまま新幹線で帰るのも芸がないので北陸方面に進路をとることにした。
正月だというのに、北陸へ向かう特急の自由席は阿鼻叫喚の大混雑。
2時間先の福井まで空かないので、立ってる方は大変だ。

ここからは新潟行きの特急で直江津まで向かいます。
『ますのすし』食うぞー。
c0046030_0591499.jpg
味は単一だけどなぜか飽きない
[PR]

  by bigfield18 | 2006-01-02 16:40 | リアルタイム紀行・出雲篇

天空に架かる橋

c0046030_0564365.jpg

こちらは雨。
雨男伝説は健在でした
---
餘部鉄橋は、日本で一番カッコイイ橋だと思う。
天空に架かるかのようなその雄姿は、見る物に言葉を与えない。
しかも建設は明治時代というのだから、さらに驚きだ。
当時の技術の粋を集めた建築遺産とも言うべき存在だが、いまだ現役というのはひとつの奇蹟だろう。

だが、この橋が刻んできた歴史も、5年後に終結することになる。
c0046030_057069.jpg
下から眺めてみる。こう見えても丈夫なんだなぁ
c0046030_0575626.jpg
民家の遥か上空を通過する
[PR]

  by bigfield18 | 2006-01-02 08:11 | リアルタイム紀行・出雲篇

自己嫌悪ナウ

出雲から、来た道を鈍行で戻る。
日も暮れたので投宿しようと浜坂に降り立ってみたものの、駅前には宿がないとのこと。
次の比較的大きな駅・香住にも空いている宿はなく、ハイヤーの営業所で訊いてみたらラブホ(モーテル?)を紹介されてしまった。
他がないので渋々承諾したのだが…。

新年早々ラブホにひとりって…ナニやってんだろ? 俺。
[PR]

  by bigfield18 | 2006-01-01 19:36 | リアルタイム紀行・出雲篇

すいません

ケータイの電池がキレてしもうた。
ので、ココからは“エセ”リアルタイム紀行でお楽しみください。
---
出雲大社は物スゴい人出だ。
まるで島根県中から集まってきてるかと思うぐらい(島根県の人ごめんなさい)。

それにしてもこのあたりはミニスカブーツの娘が多いなぁ。
いい街だ。

って、神道の聖地でそんな不純なコト言ってるとバチがあたりそう。
c0046030_0552229.jpg
言わずと知れた縁結びの神様
[PR]

  by bigfield18 | 2006-01-01 12:18 | リアルタイム紀行・出雲篇

出雲市到着

ここまで来たらせっかくなんで、出雲大社へ初詣に行きます。
13年ぶりだ。
c0046030_054549.jpg
東京から乗り通している人も結構多かった
[PR]

  by bigfield18 | 2006-01-01 11:13 | リアルタイム紀行・出雲篇

もうすぐ鳥取

浜坂から弁当の車内販売が行われたのだが、飛ぶように売れていた。
僕は『かに寿司』をゲット。
移ろいゆく日本海を眺めながら食事する。
なんという贅沢なことだろう。
c0046030_0523763.jpg
車内販売のお姉さんは大忙し
[PR]

  by bigfield18 | 2006-01-01 07:55 | リアルタイム紀行・出雲篇

『出雲』からあけおめ

星空バーで年越しそばを食べてみた。
何のことはない、『緑のたぬき』と沸騰したお湯を魔法瓶に入れて持ち込んだのだ。
でもそれだけで、ちょっとエグゼクティブな時間が過ごせた気がする。

まぁ自己満足以外の何物でもないが。
c0046030_049760.jpg
魔法瓶を作った人に感謝!(軽薄な…)
[PR]

  by bigfield18 | 2006-01-01 00:33 | リアルタイム紀行・出雲篇

いま『出雲』に乗ってます

この列車は東京と出雲を結ぶ寝台特急だ。
しかも『カシオペア』に代表されるような豪華なものではない。
個室がほとんどないという、古きよき時代のブルートレインなのだ。

さらにこの『出雲』には、昔食堂車として営業していた『星空バー』と呼ばれるフリースペースが連結されている。
ここがまた、作り物でない「本物の」ノスタルジーに満ちた場所なのだ。
詳しい話は後回しにするとして、今回はそんな硬派な夜汽車の旅を味わおうという魂胆なのである。
c0046030_0461881.jpg
“星空バー”全景
c0046030_047074.jpg
壁に天の川が流れているなんて、1周回ってステキだと思いません?
[PR]

  by bigfield18 | 2005-12-31 22:32 | リアルタイム紀行・出雲篇

よいお年を

『ドラゴン桜』って面白いな
---
今日で今年も終わり。
みなさんはどのようにお過ごしでしょうか。
これから紅白を観て過ごす方も多いでしょう。
それともK-1?
PRIDE?

僕は…今からブルートレインに乗って旅に出ます。
c0046030_125322.jpg
“寝台特急”を英訳すると“SLEEPING LIMITED EXPRESS”なのね
[PR]

  by bigfield18 | 2005-12-31 17:05 | リアルタイム紀行・出雲篇

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE