本当は怖い『のらくろ』

小学校の時分、僕は図書館に入り浸りだった。
中でもお気に入りだった本は、漫画『のらくろ』シリーズ。
のらくろと聞くと、かわいい犬を思い浮かべる人が殆どだろう。
でも僕が読んでいた本は、戦時中に出版された本物の『のらくろ』。
軍に入隊したのらくろが出世していくという、人々の戦争意識を高める目的の漫画だったのだ。
三等兵から大佐へのサクセスストーリー。
島耕作みたいだな。
[PR]

  by bigfield18 | 2005-01-31 00:44 | 日々のムダ話

<< 人知れず宣言 知る事から理解する事が始まる >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE