いろんなとこ行ったダイジェスト

次第に書くのが面倒になってきたので、コネタを羅列します。

c0046030_072079.jpg
横浜・赤レンガの奥にある、北朝鮮の工作船博物館(2008年1月17日)

c0046030_093414.jpg
ふつうナイト(2008年1月27日)

c0046030_0101687.jpg
落語家と行くなにわ探検クルーズ(2008年2月11日)

c0046030_0113338.jpg
うみめがね(海ほたるの資料館・2008年2月17日)

c0046030_012517.jpg
間取り図ナイト(2008年2月23日)

なんだか2ヶ月も消化しなかったなぁ。
[PR]

  # by bigfield18 | 2009-07-04 00:20 | 徘徊記

大阪の水陸両用車(2008年1月14日)

やっと2008年に入った
---
水陸両用車というのが好きで、「こち亀」でボルボ西郷が代車として
乗っていたシュビムワーゲン(ドイツの軍用水陸両用車)に憧れていた。
アメリカの中古水陸両用車が60万くらいで輸入されていると聞いて、
本気で購入を考えたものだ。

さて、大阪では、水陸両用バスを使った「大阪ダックツアー」
実施され、人気を博しているのだという。
かねがね行きたいと思っていたのだが、ようやくそれを叶えることができた。
夢は叶うもんじゃない、叶えるものなんだ(特に意味はないです)。

c0046030_23434653.jpg
ホテルの車寄せで出発を待つ水陸両用バス。バランス悪そうなボディだ。後部のスクリューに注目

c0046030_23453077.jpg
さっそく出発。案内してくれるおっちゃんがいかにも関西人のノリで面白い。いわく「ここから手を振ってみてください。大阪人はノリよく振り返してくれると思うでしょ? ところが意外と人見知りするんですよ。この点に関してはまだ東京の人の方がちゃんと振り返してくれますね」

c0046030_23482620.jpg
街中をしばらく走ると公園の中に入り、遊歩道(!)を我が物顔で進む。その先に「すべり」があり、そこを通じて「入水」する。この入水というのは冗談ではなく、本当に用語としてあるのだとか

c0046030_23575946.jpg
大阪の川を周遊、元の「すべり」から再上陸する。国交省のお達しにより、水からでてから10分間は静止しなくてはいけない。この時間を使って客は記念撮影などを行う

いやあ、なかなかエキサイティングな体験だった。
豆知識もいろいろあったし。
たとえば、ドライバーは自動車免許のほかに船舶免許が必要だったり、
バス自体も車検と船検の両方必要だったりするらしいよ。

まあそんなこんなで、皆さんもぜひ体験してみてくだされ。
[PR]

  # by bigfield18 | 2009-07-03 23:55 | 徘徊記

はやぶさ・あかつきお別れ乗車

2007年の年末、寝台特急あかつきのお別れ乗車をしてきた。
どうせ九州に行くならと、東京からは寝台特急はやぶさで向かったのだが、
そのはやぶさも1年後に廃止。
結果的にはやぶさのお別れも兼ねることになってしまった。

c0046030_2393279.jpg
東京駅10番線にたたずむブルーの車体。もうこの光景を見ることはできない

c0046030_23103158.jpg
下関駅に到着したはやぶさ。ここで機関車を交換する。雪がちらついていた

c0046030_23112949.jpg
終着駅・熊本に到着したはやぶさ。約17時間の旅が終わりを告げた

c0046030_2313197.jpg
熊本からはフェリーで島原にわたり、島原外港から島原鉄道で諫早に向かう。やってきたのは古い気動車だった

c0046030_2314256.jpg
諫早から長崎へ出て、浜町アーケードへ。なんとここは国道324号の一部となっているのだ。人呼んで「アーケード国道」

c0046030_2316453.jpg
長崎からは寝台特急あかつきに乗車。長崎は長距離列車の似合う駅だ

c0046030_23164973.jpg
あかつきでの宿は1人用個室「ソロ」。ご覧のとおりベッドを一部はね上げなければ入れないほどの狭さだが、窓が大きいので夜景を見ながら浸れる

c0046030_2318503.jpg
京都に到着。さよならあかつき

寝台特急好きとしてはひとつ、またひとつとなくなっていく最近の
状況はさみしく感じる。
かといって、廃止が発表される直前に乗った「なは」の惨状を思えば、
それも致し方ないことなのかもしれない。

僕にできるのは、その時が来るまで乗り続けることだけなのである。
[PR]

  # by bigfield18 | 2009-07-03 23:23 | 徘徊記

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE